おすすめの期間工紹介サイトはコチラ!
>>入社祝い金50万円<<

トヨタ期間工で働く上で大切な服装について解説します

洗濯乾燥機が全部埋まってるとストレス..

あきみんです!

 

今回はトヨタ期間工で働く時に必要な服装について解説したいと思います。

働く前にこのような情報を知っておくことで無駄な出費を抑えたり事前準備できると思って記事にしてみました。

トヨタに限らず他のメーカーでも夏の工場はとても暑く冬は寒いです。

わたしは北海道育ちなのですが、初めての愛知県は尋常じゃないくらい気温が高く少し外を歩いただけで日焼けをするくらい直射日光がすごかったですね。

他にも観光旅行で東京、群馬、大阪、京都、奈良、三重、広島に行ってきましたが基本的に夏は汗だくになるくらい暑かったです。

そのため工場もかなり暑いのですが、熱中症対策で至る所にスポットクーラーが配置されています。

ラインで働く上でこのスポットクーラーは非常に助かりますが、スポットクーラーにあたらない場所に移動(通路など)すると額から汗がでるくらい暑いです。

通路上ではフォークリフトや電動けん引車(タグノバ)が走っているのですが天井に大型扇風機がついているだけで風が当たらなない場所だとやっぱり暑いですね。

冬はその逆でクーラーではなくヒーターに切り替わるんですが、基本的にヒーターのない場所だと寒くなります。

そこで期間工の服装は働く上で夏・冬に分けて非常に重要になってくるわけです。

面接時と赴任日~受け入れ教育は私服でも良い

面接はスーツでも良いですし私服でも良いです。

紹介会社からもそう言われると思いますが、面接官の印象を良くするためならスーツが無難ですね。

ただし持っていないならわざわざ購入するまでもないと思います。

続いて赴任日なのですが、面接をパスすると出社の案内が郵送で送られてきます。

そこには「作業訓練や軽運動をするため、作業ができる服装で」とありますので基本的に私服で問題ありません。

(※スカート、短パン、サンダル、ハイヒールとかはNGです)

支給されるトヨタ期間工の制服は「冬服」

赴任日~受け入れ教育で制服のサイズ合わせがあるのですが、帽子と靴と厚い上着(冬服)が支給されます。

冬服と言っても丈夫な長袖の上着なのですが、夏にこれを着るのは正直暑いです。

部署に配属されたら売店で生地が薄い半袖or長袖制服を購入することができます。(3000円くらいと結構高いです。)

トヨタ期間工はズボンは支給されないから購入するしかない

さきほど帽子と靴と上着(冬服)が支給されると紹介したのですが、トヨタ期間工はズボンは支給されません

その為、お給料をもらう前に自前で用意しなくてはならないので注意が必要です。

ワークマン等の作業用のお店で2000円くらいで売っていますので配属前に用意しておきましょう。

色は黒、グレーあたりがおすすめです。

枚数なのですが2着あればいいと思います。

基本的に従業員の多くは3日くらいロッカーに置きっぱなしで土日に持って帰って洗濯するという感じでした。

ただし夏場は汗をかくことが多いので汚れやにおいがするようであればその都度持って帰って洗濯するようにしましょう。

寮には洗濯機と乾燥機がありますので部屋干しする事なく翌日工場に持っていけます。

注意してほしいのは作業ズボンを忘れてしまうということです。

忘れてしまうと作業する事ができません。

さいあく先輩とか組長に相談すれば用意してくれるかもしれませんが、常識ある社会人としてはできるだけ避けたほうが良いです。

ですので予備にもう1着購入してロッカーに眠らせておくと無難ですね。(忘れない自信があれば無駄な出費を避けれます)

期間工の生命線は速乾Tシャツ

スポーツをされている方ならご存じかと思うのですが、汗をかいてもすぐに乾くTシャツがあります。

普通のTシャツで期間工の仕事をしているとひどい場合には絞れるくらいシャツが重く汗で濡れてしまいます。

詰所には同じ組の同僚や先輩もいますのでベチョベチョのシャツで休憩したりしたくはないですよね。においも気になりますし..

ですので、これから期間工になるなら

ドライシャツや速乾Tシャツ、クールシャツなど化学繊維のTシャツを数枚購入しておきましょう。

ただし、配属部署によってポロシャツ(襟付き)じゃないと駄目な部署もありますので配属されてからルールを確認したほうが無難です。

トヨタ期間工の作業スタイル

こちらも気になる方がいると思うのですが、夏は基本的にTシャツとズボンです。

トヨタの制服は寒い時とか食事時、ミーティングくらいでしか着用しません。(制服には従業員証を付けれるので)

夏場でも制服を着用しながら作業している人をみるのですがトヨタのかっこいい制服が油で真っ黒に汚れてしまいます。

その恰好で食事時やミーティングで着用するのはあまり好ましくないというかわたしは嫌なので作業時はTシャツで仕事していました。

冬場は冬用の長袖制服で作業するのですが、さらにその上にトヨタジャンパーを重ね着して仕事することができます。

ジャンパーは組長に言ったら無料で貰えますので寒い時は遠慮せずに言ってみましょう。

作業スタイルはこんな感じですね。

夏場

  • 帽子orヘルメット
  • 保護ゴーグル
  • Tシャツorポロシャツor制服(長袖or半袖)
  • 作業ズボン
  • 作業靴

冬場

  • 帽子orヘルメット
  • 保護ゴーグル
  • 制服(長袖)
  • ジャンパー
  • 作業ズボン
  • 作業靴

 

部署にもよりますがこの他にエプロンや手甲、軍手、ゴム手などを装着するところもあります。

作業ズボンとシャツ、半袖制服以外はすべてトヨタ自動車の方で支給されますので最初にいろんな物を購入せずに必要なものだけ揃えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です